注文住宅のメリット

注文住宅と建売住宅の違い

一戸建てを購入しようとする際に選択肢となるのが、注文住宅にするか建売住宅にするかという点です。注文住宅とは、建物の設計を一から建築業者と詰めていって建物を作り上げていくものであるのに対し、建売住宅とはあらかじめ建築業者が設計から建築まで全て行った上で販売するものを言います。そのため、建売住宅の場合には、購入時点で建物の間取りや付随する住宅設備がほとんど決まっており、これが比較的自由に設計することができる注文住宅との大きな違いの一つです。また、建売住宅の場合には、なるべく幅広い購買層に訴求できるように、万人受けするような無難な間取りやデザインになっていることが一般的であり、自分のこだわりを反映したい場合にはそのニーズに合致しない可能性があります。

注文住宅だけが有するメリットとは

建売住宅と比べた場合に、注文住宅だけが有する最大のメリットは、何といっても自分のこだわりを設計に反映させることができるという点です。土地の建築制限などによる一定の制約があるとはいえ、理想の間取りを実現できるということは建売住宅にはない注文住宅のオーナーだけが享受できるメリットです。また、建売住宅の場合には土地とセットでなるべく価格を抑えようとする傾向が強く、そのため建物のグレードは平均水準以下になるケースがよくあります。それに対して、注文住宅であれば、設計次第で平均以上の耐震性や耐火性を有する建物にすることが可能ですので、より頑丈な建物を希望するという場合にはこちらの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

© Copyright Ask For Custom Home.All Rights Reserved.