土地を持っているかで違うのにも注意

夢のマイホームを注文住宅で検討する

マイホームの購入を考えたときに、一戸建て住宅を考える人は、注文住宅として購入するか、それとも建て売りの一戸建て住宅として購入するかに分かれるでしょう。悩むところかもしれませんが、仮に親から譲り受けることができる土地を持っているのであれば、断然注文住宅を建てた方が良いでしょう。建て売りの一戸建て住宅の場合は、上物だけを購入することはできず、土地と上物がセットで販売されています。ですから、土地を持っている人の場合、建て売りの一戸建て住宅を購入してしまうと、せっかく持っている土地が宝の持ち腐れになってしまいます。土地を持っているだけでも税金が発生してくるため、この土地を遊ばせておくのは非常に勿体無いです。

土地があるならその土地を有効活用する

どんな形であっても土地を持っていて、マイホームの検討をしていくなら、その土地に夢のマイホームを建てましょう。土地があれば、かかってくる費用は上物の分だけになりますので、少ない費用で立派な注文住宅を手に入れることができます。土地も購入して、更に上物も注文住宅で購入するとなれば、建て売りの一戸建て住宅を購入するのに比べてみると、多くの費用が必要になります。すぐにでも土地を有効活用できるのであれば、すぐにハウスメーカーや地元の工務店に相談します。いずれ、親から譲り受けることができるのであれば、慌てずに建て売りの一戸建て住宅を購入するのではなく少し待ってみて、土地が手に入った時に夢の注文住宅を建てると良いです。

© Copyright Ask For Custom Home.All Rights Reserved.